Power BI Desktopリリース日のヒストリーをPower BIで視覚化する

Power BIの2018年12月の最新版がリリースされると気づいた時、Power BI仲間数人とこの話をしました。
通常の状況では、新しいバージョンは月の3日目あるいは4日目以降の最初の月曜日(米国時間)またはその前後にリリースされる傾向にあります。
したがって、最初の月曜日が1日、2日、3日である場合、2番目の月曜日(または火曜日)にリリースされていました。とにかくそれが私の「直感」です。 Power BIを使用して、リリースを発表する歴史的なブログ記事を抽出し、それ自体が興味深いブログ記事になると思ったので今回はそのことを記事にすることにします。

Power BI のリリースの歴史はどうなっているのか?

Power BIを使用して作成したレポートの最終結果を出しました。次のとおりです。
月曜日が最も頻繁にアップデートが行われているようです。

引用:Ex Celerator BIより

引用:Ex Celerator BIより

Power BI のリリース日ヒストリーをPowerを用いてどうやって作るのか?

Power BIのリリース日のヒストリーをプロセスはとても簡単です。

  1. ウェブ・ページ情報を必要とするブラウザーを見つけてください
  2. ウェブからインポートしてください。
  3. ブログ記事をインポートする
  4. クエリを関数に変換する。記事の複数のページをインポートして再利用する。
  5. クエリを更新してすべてのデータをロードします
  6. 一部のDAXで生データを強化します。結果を視覚化します。

以上です。

Power BI・終わりに

いかがでしたか。Power Biはアップデートの歴史を俯瞰するデータ作りにも有効です。一度作ってみると複雑ではなく、綺麗なビジュアライズができるかと思います。是非チャレンジしてみてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。